新車・廃車情報@関西発鉄道の部屋

鉄道サイト『関西発鉄道の部屋』 http://ktr.euphonydigital.com/ を管理している一人、すぃーが更新するブログです。当ブログでは新車・廃車情報をお伝えすることを基本に、高架工事や駅改良工事等、鉄道施設に関する近況レポート等もお伝え出来ればと思っています。

JR東日本、次世代新幹線試験車両「ALFA-X」を導入


f:id:ktr-8315f:20170707211455j:image

http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170705.pdf

次世代新幹線の実現に向けた試験車両の新造について

 

 

 

続いて、JR東日本の新幹線の話題です。

JR東日本ではこのたび、技術⾰新中⻑期ビジョン(2016年11⽉発表)における「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験プラットフォームとして新幹線の試験⾞両を
新造すると発表しました。

 

 

形式はE956形新幹線電車で、編成は10両編成。2019年春に落成予定とされております。

 

 

愛称名はALFA-X(アルファエックス)

Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation』

“最先端の実験を⾏うための先進的な試験室(⾞)”の略語です。

 

 

次世代新幹線の開発コンセプトとしては以下の4点が挙げられます。

  1. さらなる安全性・安定性の追求
  2. 快適性の向上
  3. 環境性能の向上
  4. メンテナンスの⾰新

 

それらを踏まえて、今回新造されるALFA-Xにより検証を進めていくとのことです。

 

 


f:id:ktr-8315f:20170707213522j:image

JR東日本では、これまでに2形式の試験車両を導入し、今後の新幹線の在り方について検証を進めてきました。

 

1992年(平成4年)に導入され、極限まで軽量化や高速化を追求したSTAR21

 

2005年(平成17年)には、東北新幹線における360km/h運転を目指し、ネコ耳のような特徴的な空力ブレーキを搭載するなど、最高水準の信頼性、快適性や環境との調和を追求するために導入されたFASTECH360

 

 

それらの試験結果を踏まえ、これまでにE2系やE5系など、様々な新機軸を採用した新幹線車両が導入されてきました。

 

 


f:id:ktr-8315f:20170707215343j:image

今回導入されるALFA-Xでは安全性・安定性を追求し、ひとつ上の安定、安全を実現するとのことです。

 

新潟県中越地震東日本大震災と、2度の大きな震災を経験したJR東日本だからこそ可能とした機構とも言えますね。

 

 


f:id:ktr-8315f:20170707215746j:image

快適性も大幅に向上させるとし、動揺防⽌制御装置等の搭載、吸⾳性・遮⾳性の⾼い⾞体構造等の試験により、“揺れない”、“静か”といった快適な⾞内空間の実現を⽬指します。


速達性を⾼めるため、営業運転での最⾼速度 360 ㎞/h の可能性を技術的に検証。

 

どうやら東北新幹線における360km/h運転はまだ断念した訳では無かったようで、FASTECH360の想いはALFA-Xに引き継がれます。

 

 

 

まだまだ進化をつづける新幹線。

先日のN700S導入のニュースに引き続き、更なる速達化・安全性・快適性を求めた新幹線車両が登場するかも知れないということで、非常に楽しみになってきました。

 

 

JR東日本、八戸線および新潟・秋田地区に新型車両導入へ


f:id:ktr-8315f:20170707202434j:image

http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170706.pdf

八戸線および新潟・秋田地区への車両新造計画について

 

 

プレスリリース発表から記事の投稿が少々遅れてしまい申し訳ありません…本日は一挙に4つほど記事を更新したいと思います。

 

 

さて、まずはJR東日本の在来線の話題から。

輸送品質の向上を推進し、安全安定輸送を目指して八戸線および新潟・秋田地区において新型気動車を導入するとの発表がありました。

 

 

八戸線
f:id:ktr-8315f:20170707202434j:image

八戸線用の新型車両としては、キハE130系500番台が導入されます。

 

キハE130系自体は既に、2007年(平成19年)から導入を開始し、水郡線久留里線で活躍をしておりますが、今回八戸線に導入される車両はその新区分番台となります。

 

 

特に大きな仕様変更は無いようですが、既存のキハ40系列に対し、環境性能を向上。

排気中の窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)を低減できる「コモンレール式燃料噴射装置」などを採用したディーゼルエンジンを搭載します。

 

また、このE130系500番台の導入により、八戸線において冷房化率100%を達成することとなります。

 

 

 

◯ 新潟・秋田地区用


f:id:ktr-8315f:20170707205107j:image

新潟・秋田地区用には新型気動車GV-E400系が導入されます。

 

 

このGV-E400系は、JR東日本気動車において初となる新方式、電気式を採用。

 


f:id:ktr-8315f:20170707210620j:image

ディーゼルエンジンと発電機による電力で、電車と同じようにモーター走行が可能となります。

 

 

まずは量産先行車として、2両編成を1編成、1両編成を1編成の合計3両を2018年初頭に新造し、性能試験等各種検証を実施します。

 

その後、量産車を製作、計63両を新造するとしています。

 

 


f:id:ktr-8315f:20170707210637j:image

これら2形式の導入により、JR東日本におけるキハ40系列は本格的に淘汰されてゆくものと思われます。早めの記録をしておきたいところですね。

 

JR東海、N700Sのデザインが決定

 

f:id:ktr-8315f:20170630013709j:plain

http://sp.jr-central.co.jp/news/release/nws002222.html

N700Sのデザインについて

 

 

2020年度(平成32年度)の導入を目指し、検討を進めている東海道新幹線7代目の車両、N700S。本日そのデザインが発表され、車内の仕様についても明らかとなりました。

 

2016年初頭の次期新型車両導入発表から、ついにここまで話が進みましたね。

 

【関連記事】

 

 

◯ 先頭デザイン

f:id:ktr-8315f:20170628215248j:plain

「デュアル スプリーム ウィング形」と呼ばれるN700系シリーズの形状を進化させた前面形状を採用。小牧研究施設における技術開発の結果、左右両サイドにエッジを立てた形状とし、走行風を整流することで更なる環境性能向上を図ります。

 

 

前照灯には新幹線で初採用となるLEDライトを採用し、省エネルギー化・照度向上・長寿命化を実現。また、先頭形状を活かし、前照灯を拡大することで、照射範囲を広げ、視認性向上を図るとのことです。

 

 

車体デザインについては、東海道新幹線の象徴である白地に青帯を踏襲。また、先頭部の青帯で“Supreme(スプリーム)”の「S」を表現しています。

 

 

 

◯ インテリアデザイン

f:id:ktr-8315f:20170630013701j:plain

グリーン車の車内デザイン

 

f:id:ktr-8315f:20170630013705j:plain

▲普通車の車内デザイン

 

 

ビジネスや観光など幅広い旅客ニーズに対応するため、機能性を考慮しつつ、くつろげる空間となるよう柔らかな曲面を採用し、グリーン車では「ゆとりある空間と個別感の演出」を、普通車では「機能的で快適な空間」をコンセプトとしています。

 

 

グリーン車、普通車に共通するデザインとして、空調吹出口を側面パネルと一体化し、広い吹出口を確保。それにより室内温度の均一化を図ります。

 

また、照明はLED間接照明とし、天井を光学的に最適な形状とすることで、室内照度の均一化を図っています。また、停車駅に近づいた際に荷棚の照度を上げ、乗客に荷棚にある荷物への注意を促します。


車内案内表示器にはフルカラー液晶(現行のフルカラーLED表示器よりサイズを50%拡大)を採用し、画面サイズを拡大することで、案内情報の視認性を向上します。

 

f:id:ktr-8315f:20170628215244j:plain

グリーン車のみのデザインとしては、窓側の座席ごとに荷棚と一体化した大型の側面パネルを採用し、一人ひとりの空間を演出。グリーン車として相応しい車内空間となります。

 

 

◯ 座席デザインの変更

グリーン車f:id:ktr-8315f:20170628215048j:plain

f:id:ktr-8315f:20170628215042j:plain

N700系からの「シンクロナイズド・コンフォートシート」をさらに進化させ、リクライニングの回転中心の変更と共に、座面と背もたれの角度を最適化することで、リクライニング時の太もも裏側への圧迫感を低減するなど、長時間座っていても快適な座席に。


また、フットレストを大型化しつつ、足元スペースを拡大すると共に、読書灯の照射範囲を拡大しています。

 

 

 【普通車】

f:id:ktr-8315f:20170628215256j:plain

背もたれと座面を連動して傾けるリクライニング機構を採用し、より 快適な座り心地を実現。更にグリーン車同様、全座席にコンセントを設置します。

 

 

f:id:ktr-8315f:20170628215252j:plain

デッキ部につきましては、N700系を踏襲し、曲面形状のパネルを採用。
トイレは壁面の配色を光沢のあるツートーンカラーとすることで清潔感とやすらぎを提供します。また、スイッチ類を集約した操作パネルを採用し、利便性向上を図るとしています。

 

 

なお、このデザインを反映させた「N700S確認試験車」は2018年(平成30年)3月に完成予定とし、2020年度(平成32年度)の量産車導入へ向け、試験を重ねていきます。

 

 

  

f:id:ktr-8315f:20170701012147j:plain

日本の大動脈を結ぶ東海道新幹線

その東海道新幹線における新車導入のニュースには毎回ワクワクさせられます。

 

2020年の東京五輪開催を目前に控え、日本の鉄道はどんどん様変わりしていきそうですね!

 

JR貨物、DD200形機関車を導入

 

f:id:ktr-8315f:20170628215241j:plain



http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/2017-06-15-02.pdf

新型ディーゼル機関車の製作について

 

 

 

JR貨物より、非電化区間の牽引と貨物駅構内の入換機として活躍を続けているDE10形機関車,DE11形機関車の老朽取換えを目的として、新型ディーゼル機関車DD200形を導入することが発表されました。

 

 

その特徴として、DE10形相当の走行性能にするとともに、軸重(1軸あたりの重量)を低く抑えるなど、DE10形でしか入線できない線区への入線も可能に。

 

また、本線運転及び入換作業の双方に配慮し、車体中央部に横向きに運転台を配置したほか、入換の際等に誘導を行う操車担当の作業性向上のため、車端にデッキスペースを確保しています。

 

 

技術的には、JR移行後に導入した新形式機関車である、DF200形電気式ディーゼル機関車及び、EF210電気機関車等の新型電気機関車で開発してきた技術を応用し、性能の確保と信頼性の向上を図ります。


また、既存の新形式機関車と装置の標準化を図り、メンテナンスコストの低減、及び修繕部品の安定供給を確保するように配慮されています。

 

 

今回は試作車として901号機を導入。

現在、製造元の川崎重工業において完成間近となっており、今月下旬の出場を予定しているとのことです。

 

 

以前から川崎重工で新型ディーゼル機関車の目撃が相次いでおり、DD200形になるのでは?と噂されておりましたが、噂通りとなったようですね!

 

JR東海、ハイブリッド気動車特急を新製へ

 

f:id:ktr-8315f:20170609023546j:plain

http://sp.jr-central.co.jp/news/release/nws002201.html

ハイブリッド方式による次期特急車両(試験走行車)の新製について

 

 

現在、JR東海気動車特急にはキハ85系が使用されており、1989年(平成元年)の登場以来、およそ30年近くに渡り「ひだ」「南紀」の顔として活躍を続けています。

 

しかし老朽化が目立ってきていることから、今年3月に置き換え計画が浮上。

 

概要の発表はもう少し先になるものかと思われましたが、割と早いタイミングでの発表となりましたね。

 

 

導入は平成31年末。

JR東海では初となるハイブリッド方式を採用し、キハ85系の置き換えを見据えて試験走行を重ねていきます。

 
最終的には安全性や快適性を高め、ハイブリッド方式の鉄道車両では国内初の最高速度120km/hでの営業運転を目指すとのこと。

 

 

f:id:ktr-8315f:20170609023540j:plain

ハイブリッド方式とは、エンジンで発電した電力とブレーキ時等に蓄電池に貯めた電力を組み合わせて使用し、モーターを回して走行するというものです。

 

 

f:id:ktr-8315f:20170609023537j:plain

その主な特長として、

  • 気動車特有の回転部品が不要となり、安全性・信頼性が向上
  • 気動車特有のギアチェンジを解消、乗り心地の向上
  • エンジン数の削減(1両あたり2台→1台)、駅停車時のアイドリングストップの採用等による、静粛性や乗り心地の向上
  • 蓄電池に貯めた電力を加速時や停車時に使用することで、燃費が約15%向上する見込み
  • 電車と同様の機器を採用することによるメンテナンス性の向上

 

が挙げられます。

 

 

この次期特急車両(試験走行車)は4両編成1本を導入。平成31年末の試験走行車完成後、1年間を目途に次期特急車両に必要なハイブリッド技術の確立に向けて基本性能試験、長期耐久試験等を行います。

 

量産車は平成34年度の導入を目標に検討を進めているとのこと。

 

 

久方ぶりのJR東海の新型特急車両ということで、登場が楽しみになってきました。

 

 

相鉄、20000系を導入

 

f:id:ktr-8315f:20170608022256j:plain

 http://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/170605_01.pdf

都心直通用 新型車両「20000系」を導入

 

 

 

昨年春、都心直通用の新型車両として検討段階ではあるものの、20000系の仮のイメージが公開されました。

 

当ブログでもこの内容を記事にしており、当時多くの関心を集めました。

 

 

【関連記事】

 

そのようなことから私自身も、この記事への思い入れが深かったりします。笑

 

f:id:ktr-8315f:20170608022253j:plain

あれから1年と3カ月。

相鉄グループ創立100周年を迎える今年12月に20000系を導入するとの発表がありました。

 

相鉄の新型車両としては、11000系以来9年ぶりとなります。

 

 

 

安全×安心×エレガント ~目先のトレンドに左右されない「醸成するデザイン」~

 

を開発コンセプトとし、都心直通を控えた今後の相鉄を象徴する車両として、これまでの通勤型車両には見られない斬新なデザインやアイデアを随所に取り入れるとしています。

 

 

f:id:ktr-8315f:20170608022330j:plain

f:id:ktr-8315f:20170608022250j:plain

車内は空調設備を工夫して実現した高い天井やガラス製の荷棚・仕切り・貫通扉の採用し、開放感のある室内に。

 

 

そのほかにも、

  • ベビーカー、車椅子用のフリースペースを全車両に設置
  • 「ナノイー」搭載の空気清浄機を導入
  • 「個別ドアスイッチ」を全てのドアに導入
  • 座席端部の仕切り板の大型化
  • 日差しを遮る「ブラインド」を復活
  • 相鉄線の特徴でもある「車内の鏡」を復活
  • 時間帯で変化する調色調光式のLED照明を採用
  • 2016年度GOOD DESIGN賞を受賞した「つり革」を採用

 

と、多様なニーズに応えるとしています。

 

f:id:ktr-8315f:20170608022243j:plain

また、ロングシート座席につきましては、座り心地を改良し、ランダムパターンを施した汚れが目立たない生地を採用。

 

更に、「ユニバーサルデザインシート」を一部の優先席に導入。

立ち座りを容易にするため座席の高さを上げ、座り心地を損ねない範囲で座面を小さくしたシートで、座席下部に大型の荷物が収納でき、荷棚が使いにくい乗客でも安全に利用が出来ます。

 

 

f:id:ktr-8315f:20170608022246j:plain

現在製造が進められている20000系。

日立製作所が製造を担当しているとのことで、相鉄としては久々の日立製車両となりますね!

 

 

2022年度下期に開業予定の相鉄・東急直通線の開業を前に、相鉄は更なる変化を遂げようとしています。

 

広告を非表示にする

大阪モノレール、新型車両を投入へ

 

f:id:ktr-8315f:20170522212303j:plain

 

http://www.osaka-monorail.co.jp/jpn/company/pdf/plan2017-2021.pdf

大阪モノレール中期経営計画<2017-2021>

 

 

昨年、門真市駅から瓜生堂駅(仮称)までの延伸計画の方針が決定し、2019年度の着工、2029年度の開通を目指すとして話題になっている大阪モノレール

 

中期経営計画において、2018年度より新車を投入するとの内容がありました。

 

形式はまだ明らかとされておりませんが、今まで通りの流れでいくと3000系となるかもしれませんね。

 

 

 

f:id:ktr-8315f:20170522212739j:plain

大阪モノレールへの新型車両は、2009年(平成21年)に投入された2000系18編成以来、約9年ぶりとなります。

 

 

 

f:id:ktr-8315f:20170522212302j:plain

内外装につきましては、フルモデルチェンジがなされており、期待が持たれます。

 

 

プレスリリースによると、2018年度から2021年度までに全9編成(更新:8編成, 増備:1編成)を投入予定としており、2018年度に運用本数増に伴う増備編成を1本(?)、2019年度より更新用の8編成を順次投入。

 

1990年(平成2年)の開業時より営業運転を続けている1000系を置き換えていくものと思われます。

 

 

1000系初期編成もデビューから30年近くが経過しており、いよいよ廃車が始まるのだなと思ったものです…