新車・廃車情報@関西発鉄道の部屋

鉄道サイト『関西発鉄道の部屋』 http://ktr.euphonydigital.com/ を管理している一人、すぃーが更新するブログです。当ブログでは新車・廃車情報をお伝えすることを基本に、高架工事や駅改良工事等、鉄道施設に関する近況レポート等もお伝え出来ればと思っています。

阪急、十三駅にホームドアを設置

 

まず始めに、この度の西日本豪雨によりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧、回復を心よりお祈りいたします。

 

 

 

 

 

今回の豪雨により、阪神地区の鉄道網にも大きな影響を与えた6日(金)の終電後、阪急としては初となる可動式ホーム柵(ホームドア)の筐体が十三駅3号線(宝塚線宝塚方面ホーム)に設置されました。

 

引き続き、隣の4号線(宝塚線梅田行きホーム)、5号線(京都線河原町方面ホーム)にホームドアが設置される予定となっております。

 

 

 

2019年春の稼働予定でしたが、思ったより早く設置されましたね。

 

 


梅田側(車掌側)のホームドアとその裏面。

 

 


中間車の連結部分。

 

 

運転士側の裏面。

停止位置目標の範囲が定められているのがわかります。

 

 

 

ホームドアには宝塚線のラインカラーにあたるオレンジのラインが貼られています。

 

 

 


因みに現在はホームドアは稼働しておらず、写真のように警備員がホームの監視を行っています。

 

 

停車に関しましては、TASC(定位置停止装置)の設置は行わず手動で行うことから、ホームドアの開口部は広く取られていることがわかります。

 

 

 


今回設置されたホームドアですが、この形は阪急の子会社にあたる北大阪急行電鉄の駅に設置されているものと同一であり、製造メーカーもおそらく京三製作所であると思われます。

 

 

このホームドアの特長として、地上側に設置するセンサーにて車両の定位置停止検知などを行い、可動式ホーム柵の自動開閉を実現。

 

これにより、地上ー車上間の情報伝送(トランスポンダ)装置が不要となり、地上設備の工事のみ行うというシステムになります。

 

 

ついに阪急にもホームドアが設置されました。見慣れない光景で戸惑いはありますが、ホームでの安全性は格段に向上します。

 

阪急の新たな歴史が始まります。

 

神戸市交6000形 ただいま準備中!

 

 

今年中のデビューが予定されている神戸市営地下鉄西神・山手線向けの新型車両、6000形

 

今週からは日中の試運転が開始され、注目が集まっております。

 

 

丁度私も昨日は完全にオフだったため、撮影に行って来ました!

 

今回は少し画像が多くなります…

 

 

 

◯ 外観

車体は既存の車両と同じくアルミ合金製。

ただし、この6000形では全塗装をやめ、帯に変更。銀色が目立つ洗練された雰囲気となりました。

 

 

西神・山手線が一気に近代化されます。

 

 

行先表示器は初となるフルカラーLEDを採用、サイズは小ぶりな印象です。

優等種別が無いため、大きな表示器は不要と判断されたのでしょうか??

 

 



続いて屋根周り。

こちらも西神・山手線では初となるシングルアームパンタグラフです。冷房装置は1両につき2台搭載、薄型となりスッキリしました。

 

 

こちらは4号車。

営業運転開始後は女性専用車となるため、ステッカーが貼られていない状態を見られるのは今のうちです。

 

 

◯ 内装

比較的長時間の停車時間を狙って車内も撮影出来ました。車内に土嚢が積まれており判りづらいですが…

ロングシートは3+3+3人掛けとなるように仕切りで区切られています。また、袖仕切りも大型化されました。現在のトレンドですね。

 

 


LCD(液晶案内ディスプレイ)も神戸市営地下鉄では初となります。

 

関西でも見る機会が増えてきている三菱電機製IPコア「セサミクロ」が採用されており、駅名部分を回転させながら四か国語で表示しています。

表示の順番:漢字→ローマ字→平仮名→中国語→韓国語→漢字…(この繰り返し)

 

 

参考:御堂筋線30000系のデュアルモニター

 

ちなみに、上記のように2画面連動の表示は行われていなかったため、左側は広告専用画面になると思われます。

 

 

 

 

私自身、今後色々な部分で関わることとなる6000形。デビューを楽しみに待ちたいと思います。

 

つくばエクスプレス、TX-3000系を導入

 

 

【出典元】

http://www.mir.co.jp/company/release/2018/txtx-30002020.html

TX新型車両TX-3000系を導入します~2020年春から営業運転開始予定~

 

 

2005年(平成17年)8月24日に開通したつくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)。

 

今年で開業から13年を迎えようとしており、利用客も年々増加。輸送力の増強に対応するため、交直流通勤形車両のTX-2000系が2012年まで増備されてきました。

 

 

2016年10月。

今後新たに車両5編成(30両・型式不明)を増備し、2019年度(平成31年度)末に運用を開始する予定であることを発表。

 

それが新形式となるのか、それとも既存形式の増備となるのか注目が集まっていました。

 

 

それが今回発表された新型車両、交直流電車のTX-3000系です。

 

 

外観につきましては、TX-1000系TX-2000系の基本ベースや、ブルーとレッドの車体カラーを継承しつつ、先頭前面の傾斜を強くしたことと、ヘッドライトの形状で先鋭感を強調したデザインに。

斜めのラインでスピード感を表現しています。

 

 

 

車内は清潔感、解放感のある内装デザインとし、安全・安定性の向上も図られています。

 

また、各ドア上部に42インチハーフの大画面液晶車内案内表示器を搭載。

 

関西の最新鋭車両である阪急1000系/1300系や、阪神5700系等で採用されている液晶車内案内表示器が32インチハーフであることから、これらより更に大画面となります。

 

 

主要諸元は以下の通り。

 

製造は日立製作所が担当し、2020年3月の運行開始予定です。

 

 

(画像引用元:Wikipedia)

 

TX-1000系(写真左)とTX-2000系(写真右)を初めて見たのは2003年。私が当時小4ぐらいの頃です。

その写真を見た瞬間、未来感のある奇抜な前面スタイルに度肝を抜かれたものです(笑)

 

 

この格好いいデザインはTX-3000系にも一部継承されるとのことですから、完成が楽しみですね!

 

都営浅草線、5500形は6/30(土)デビュー!

 

【出典元】

https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/subway/2018/sub_p_201805238023_h.html

浅草線の新型車両「5500形」6月30日(土)デビュー!

 

都営浅草線の20年ぶりとなる新型車両、5500形の営業運転開始日がついに発表されました。

6月30日(土)よりデビューとなります。

 

 

【別紙】

https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2018/sub_p_20180523_h_03.pdf

~Tokyo と世界を結ぶ地下鉄~ 浅草線の新型車両「5500形」 6月30日(土)デビュー!(PDF:309KB)

 

https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2018/sub_p_20180523_h_02.pdf

(別紙)~Tokyo と世界を結ぶ地下鉄~ 浅草線の新型車両「5500形」 6月30日(土)デビュー!(PDF:637KB)

 

 

昨年9月の搬入以来、機器の調整のため当初予定の春デビューからは少々遅れてしまったものの、先週より日中試運転も開始され、デビューへ向けて順調に準備が進められております。

 

 

【関連記事】

 

 

 


インテリアは快適な車内空間を可能とし、現代に相応しい車内に。 

また、全ての照明にLEDを使用し、次世代半導体素子SiCを採用したVVVF制御装置の採用により、環境負荷を低減するなど環境性能にも配慮しております。

 

今後、全27編成を導入し、現行の浅草線車両5300系を置き換えていきます。記録はお早めに。

 

 

また、今回の5500形デビューを記念して、歌舞伎とコラボしたWeb動画「KABUKI UNDERGROUND」をYouTubeにて期間限定で公開中です。

 

良いですねー、このシブさ!

 

 

都営浅草線に新時代が訪れようとしております。

 

 

【画像引用元】

https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/subway/2018/sub_p_201805238023_h.html

 

阪急「京とれいん」、2編成目を導入

 

【出典元】

http://www.hankyu.co.jp/files/upload/pdf/180522r.pdf
~訪日外国人のお客様にも快適な阪急電車を目指して~駅や車内におけるインバウンド施策を進めます

 

 

本日、阪急電鉄より2つのニュースが発信されました。

 

1つ目は、7月7日(土)に行われる宝塚線ダイヤ改正の概要発表

急行 雲雀丘花屋敷行きが夕ラッシュ時にも設定されるなど、趣味的にも面白くなりそうな改正ですが、この内容に関しましては、当記事では割愛させていただきます(笑)

 

 

 

そして2つ目が今回の記事のメイン。

京都線で好評運行中の観光特急『京とれいん』の2編成目の導入を行うという内容です。

 

 

『京とれいん』とは、6300系を改造し、2011年3月19日より運行を開始した観光列車のことで、土曜・日曜・祝日に1日4往復運転されています。

 

「和モダン・京町家風」の車内デザインで、日本人の観光客のみならず、海外から来られた外国人観光客からも好評だそうです。

 

 

 

その2編成目となる改造車両とは???

 

なんと7000系

京都線用の7300系ではなく…

 

現在の『京とれいん』のイメージを継承しつつ、『ご乗車になられたときから京都』をコンセプトに、「京都」を五感で感じ取っていただけるデザインとなる予定だそうです。

 

車両の詳細や運行開始日などについては今年秋頃に改めて発表とのこと。

どのような内装になるのか楽しみですね!

 

 

種車となる編成はまだ未定ではありますが、個人的には6両編成且つ嵐山線直通に対応している7001Fか7017Fではないかと考えています。

 

中でも7017Fはアルミ車ということで、改造ついでにVVVF化も行うのでは?とつい妄想が膨らんでしまいます(笑)

 

また、この7000系『京とれいん』誕生により、現行の6300系では車体幅の関係で入線不可能とされてきた神戸線宝塚線での運行も可能となります。

 

『京とれいん』の今後の運行体系にどのような影響を及ぼすのか、その点にも注目です。

 

南海高野線、新型車両を導入

 

 

2005年度の2300系を最後に、長きにわたり新車の導入が行われていない南海高野線

 

旧型車が数多く残るこの路線に、42億円を投じてようやく新型車両が導入されることとなりました。

 

 

 【出典元】

http://www.nankai.co.jp/library/ir/setsumei/pdf/setsumei_180518.pdf

南海グループ経営ビジョン2027」及び新中期経営計画「共創136計画」について

 

こちらに記載されている内容によると、現在運行中の最古参6000系を2020年度までに30両、2023年度までに全72両を置き換えるそうです。

 

【出典元】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30672930Y8A510C1AM1000/

南海、高野線に新車両投入 訪日客を取り込み|日本経済新聞電子版

 

日本経済新聞の報道によると、デビューは2019年秋。約1年後となります。

 

 

さて、その気になる新型車両ですが…

 

 

公式リリースには、現在南海本線で増備が進められている8300系の画像が使われており、詳しい内容と形式は不明なためあくまでも推測ではありますが、内装が関空輸送仕様ではない8300系で置き換えるものと思われます。

 

関空輸送仕様ではない1次車の車内

 

座席の袖仕切りが大型で、座席定員が関空輸送仕様よりも多いのが特長です。

 

 

関空輸送仕様の内装である8300系2次車に関しましては、以下の記事も合わせてご覧下さい。

 【関連記事】

 

 

 

〇 南海6000系とその特徴

今回の新型車両導入により置き換えの対象となった6000系とは、1962年(昭和37年)から1969年(昭和44年)にかけて72両が製造された、南海の現役車両の中で一番歴史のある車両。

なんと今まで1両も廃車が出ておらず、全車が健在です。

 

 

東急車輛製造(現:総合車両製作所)がアメリカ・バッド社のライセンス供与を受け、日本で初めて開発したオールステンレス車体を20m級車体では初めて採用。

 

日本の鉄道車両において、オールステンレス車体を普及させるきっかけを作った車両と言っても過言ではありません。

 

 

ステンレス車体であるが故に、ほとんど腐食が見受けられないほど状態が良いため、1962年に製造された編成の車齢は今年でなんと56年。

大手私鉄でありながら、1両の廃車や転属が出ていないのは異例のことです。

 

 

しかし、片開き式の乗降ドアなど、外観や内装の古さは否めず、時代のニーズには逆らえません。

 

一般の利用者としては、綺麗な外観や内装の新型車両に乗りたいと思うのは当然のことですから…

 

 

 

ついに余命を宣告された6000系

最後の編成が引退するまで、何事もなく安全に使命を全うしてもらいたいものですね!

 

近鉄、FGT開発を推進へ


【出典元】

http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/freegauge.pdf

フリーゲージトレイン開発推進に向けて

 

 

 

ここにきてまさかの急展開。

 

本日、近鉄において軌間可変電車(フリーゲージトレイン=FGT)の実用化に向けて開発を進めていくと発表。

 

6月22日付 役員の異動にあわせて、同社の総合研究所にFGT開発推進担当役員を就任させることとしました。

 

 

 

〇 フリーゲージトレインとは

車軸に取り付けられた車輪を左右にスライドさせ、レール幅(軌間)の異なる線路に合わせて車輪の幅を変えることができる機構を持つ車両のこと。

軌間の異なる線路を接続するように設置された軌間変換装置を通過することにより、軌間を変更することが可能です。

 

 

近鉄では2種類のレール幅が存在しており、大阪難波駅大阪上本町駅を起点とする奈良線大阪線京都線系統等では1435mmの標準軌が、大阪阿部野橋駅を起点とする南大阪線吉野線系統ではJRの在来線と同じく1067mmの狭軌が採用されており、レール幅の統一がなされていないのが現状です。

 

そこで、FGTの開発を行うことにより、標準軌橿原線狭軌吉野線との接続点にあたる橿原神宮前駅での系統分断を解消し、直通運転を目指すという計画が今回発表されたのです。

 

これにより、京都駅~(標準軌)~橿原神宮前駅間、橿原神宮前駅~(狭軌)~吉野駅間の軌間の違いのため分断されている橿原神宮前駅での乗り換えが解消されることとなり、将来的には京都駅~吉野駅間を一本で結ぶ新たな観光輸送ネットワークが構築されます。

 

 

 

〇 しかし課題も…

▲第一次試験車両(GCT01)

(画像引用元:Wikipedia)

 

我が国においてのFGTの歴史は1998年(平成10年)まで遡り、国土交通省鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が主体となり開発を進めてきました。

 

しかし、高速域での走行試験により車軸に傷が見つかるなど課題が残る結果となり、今もなお実用化の目処は立っておりません。

開発費は嵩むばかりで開発を断念する可能性も…

 

 


ただ、これまで行ってきた走行試験はあくまでも新幹線とJR在来線を一本で結ぶためのFGT(新在直通)を想定したものであり、今回発表された近鉄のように最高速度130km/hと比較的低速域の場合ならば、車軸への負荷も抑えられ、試験結果が良好となることも十分有り得るのです。

 

 

結果次第では、日本の鉄道に与える影響はかなり大きなものとなり、在来線における標準軌の路線と狭軌の路線による直通運転が一気に加速するかも知れません。 

 

 

 

 

【お知らせ】

昨年の11月以来、久々のブログ更新となってしまい本当に申し訳ありません…今後はもう少し更新頻度を上げていきたいと思います。稚拙な文章で見辛いブログではありますが、今後ともどうかお付き合いください…