新車・廃車情報@関西発鉄道の部屋

鉄道サイト『関西発鉄道の部屋』 http://ktr.euphonydigital.com/ を管理している一人、すぃーが更新するブログです。当ブログでは新車・廃車情報をお伝えすることを基本に、高架工事や駅改良工事等、鉄道施設に関する近況レポート等もお伝え出来ればと思っています。

JR貨物、DD200形機関車を導入


f:id:ktr-8315f:20170615203315j:image

http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/2017-06-15-02.pdf

新型ディーゼル機関車の製作について

 

 

 

JR貨物より、非電化区間の牽引と貨物駅構内の入換機として活躍を続けているDE10形機関車,DE11形機関車の老朽取換えを目的として、新型ディーゼル機関車DD200形を導入することが発表されました。

 

 

その特徴として、DE10形相当の走行性能にするとともに、軸重(1軸あたりの重量)を低く抑えるなど、DE10形でしか入線できない線区への入線も可能に。

 

また、本線運転及び入換作業の双方に配慮し、車体中央部に横向きに運転台を配置したほか、入換の際等に誘導を行う操車担当の作業性向上のため、車端にデッキスペースを確保しています。

 

 

技術的には、JR移行後に導入した新形式機関車である、DF200形電気式ディーゼル機関車及び、EF210電気機関車等の新型電気機関車で開発してきた技術を応用し、性能の確保と信頼性の向上を図ります。


また、既存の新形式機関車と装置の標準化を図り、メンテナンスコストの低減、及び修繕部品の安定供給を確保するように配慮されています。

 

 

今回は試作車として901号機を導入。

現在、製造元の川崎重工業において完成間近となっており、今月下旬の出場を予定しているとのことです。

 

 

以前から川崎重工で新型ディーゼル機関車の目撃が相次いでおり、DD200形になるのでは?と噂されておりましたが、噂通りとなったようですね!