読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新車・廃車情報@関西発鉄道の部屋

鉄道サイト『関西発鉄道の部屋』 http://ktr.euphonydigital.com/ を管理している一人、すぃーが更新するブログです。当ブログでは新車・廃車情報をお伝えすることを基本に、高架工事や駅改良工事等、鉄道施設に関する近況レポート等もお伝え出来ればと思っています。

伊予鉄、市内線に5000形を導入

 

f:id:ktr-8315f:20170225004317j:plain

http://www.iyotetsu.co.jp/topics/press/2017/0125_r1lt.pdf

市内電車に新型LRT車両(次世代型路面電車)を導入!

 

 

本日、伊予鉄道より市内電車に新型車両5000形を導入するとの発表がありました。

  

 

f:id:ktr-8315f:20170225205540j:plain

市内線への新型車両導入は、2002年3月に登場した2100形以来およそ15年ぶりとなります。

 

 

デザインテーマは乗ってみたくなる未来型流線形車両とし、前面には未来感のある流線形を採用。

 

また、『IYOTETSU チャレンジプロジェクト』と称して実施しているオレンジ色のカラーリングにより、愛媛らしさを表現しています。

 

 

 

◯ 車体・設備

f:id:ktr-8315f:20170225202508j:plain

この5000形は、アルナ車両などが開発した超低床型路面電車リトルダンサータイプSをベースに(詳細が無いため、あくまで推測ですが…)、前形式にあたる2100形から車体長が50cm延長。

 

また、通路幅を拡大することにより定員数は約28%増の60人となり、快適性の向上が図られています。

 

 

 

◯ 外国人観光客への対応

 

f:id:ktr-8315f:20170225004619j:plain

『えひめ Free Wi-Fi』の導入、行先表示の英語表記(行先表示器のフルカラーLED化)、英語車内アナウンスを行い、外国人観光客でもわかりやすい車両となります。

 

 

 

デジタルサイネージ

車内にデジタルサイネージを導入することにより中吊り広告を廃止。広々とした車内に。

 

 

 

環境負荷の低減

回生ブレーキの採用や、照明装置をLED化することにより省エネルギー化を図り、環境負荷を低減します。

 

 

 

久々の市内線向け新型車両となる5000形。

今年9月にまずは2両が導入される予定です。

 

 

 

伊予鉄を最後に撮影したのはもう3年前の話…単色化が進行する中、もう一度撮影しに行きたいところですねぇ…