読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新車・廃車情報@関西発鉄道の部屋

鉄道サイト『関西発鉄道の部屋』 http://ktr.euphonydigital.com/ を管理している一人、すぃーが更新するブログです。当ブログでは新車・廃車情報をお伝えすることを基本に、高架工事や駅改良工事等、鉄道施設に関する近況レポート等もお伝え出来ればと思っています。

東武の新型特急車両500系、愛称は「リバティ」に


f:id:ktr-8315f:20161104035025j:imagehttp://www.tobu.co.jp/file/pdf/28648073042d98f06de9de47a8ffb5c9/161027_2.pdf?date=20161027165848

新型特急車両「500系」の車両愛称名が「Revaty(リバティ)」に決定しました!

 

 

昨年の春頃に発表された東武の新型特急車両500系。当ブログではこの車両が初登場となるため簡単に説明をしていきたいと思います。

 

 

2015年4月22日、東武本線を運行している特急「スペーシア」、「りょうもう」等に加え、特急列車の更なる利便性向上を目的とし、2017年春に新型特急車両500系3両編成8本を導入するとの発表がありました。

 


開発コンセプトは、「さまざまな運行形態で運用可能な速達性と快適性を持った特急列車」であり、1編成3両固定の併結・分割を可能とした仕様となっています。

 

これにより、途中駅で列車の併結・分割などを行い、旅客の目的地に合わせたシームレスな利用が可能となります。

 

 

車両デザインは「KEN OKUYAMA DESIGN」(代表:奥山 清行氏)が監修。“沿線の魅力をつむぐ”デザインとしています。

 

 

車両設備としては、東武初となるアクティブサスペンション(車体動揺防止制御装置)を全車両に搭載し乗り心地を向上。
f:id:ktr-8315f:20161104035050j:image

 

また、高効率の永久磁石同期電動機(PMSM)やアルミ車体およびLED照明等を採用して、環境負荷の低減を図ります。

 

 
f:id:ktr-8315f:20161028181826j:image
f:id:ktr-8315f:20161028174024j:image

車内ではWi-Fi環境やPC電源を整備するなど、外国人観光客にも優しい車内空間となっています。

 

 

 

さて、非常に長い前置きとなってしまいましたが、現在製造元である川崎重工業ではまもなく完成といった状態となっており、昨日には東武より500系の愛称や運行系統が発表されました。

 

 


f:id:ktr-8315f:20161028173540j:image

愛称はRevaty(リバティ)に決定。

500系の最大の特徴である併結・分割機能を活かし、多線区で様々な運行を行う「多様性」を表現するとともに、響きが良く覚えやすい短い言葉にすることで、末永く愛され続ける愛称名となりました。

 

 

①「Variety(バラエティ)」:多様、さまざまな
→併結・分割機能を活かした多線区での運行
→文字の並び順を変えると r〔i〕e・va・ty

 

②「Liberty(リバティ)」:自由
→当社の路線を縦横無尽に走り回る自由度の高さ

 

これらの単語を組み合わせることにより、Revaty(リバティ)という造語が誕生したのです。

f:id:ktr-8315f:20161104035125j:image

 

 

500系の運転区間、列車名は以下の通りです。
f:id:ktr-8315f:20161028175911j:image

 

 

【中・長距離区間特急

f:id:ktr-8315f:20161028180307j:image

 

【近距離区間特急
f:id:ktr-8315f:20161028180442j:image

 

このように、分割併合の特性を活かしたフレキシブルな運用が行われる予定です。

 

 


f:id:ktr-8315f:20161028180923j:image

営業運転開始まで約半年といったところでしょうか?東武特急の運用体系に大きな革命が起ころうとしています。