読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新車・廃車情報@関西発鉄道の部屋

鉄道サイト『関西発鉄道の部屋』 http://ktr.euphonydigital.com/ を管理している一人、すぃーが更新するブログです。当ブログでは新車・廃車情報をお伝えすることを基本に、高架工事や駅改良工事等、鉄道施設に関する近況レポート等もお伝え出来ればと思っています。

西武、新型特急車両の概要を発表

f:id:ktr-8315f:20160314220745j:plain
http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2015/__icsFiles/afieldfile/2016/03/14/20160314shingatatokkyu.pdf
2018年度、新型特急車両が走り出します!




本日、西武鉄道より2018~2019年度にかけて新型特急車両を56両(8両編成×7本)導入するとの発表がありました。


昨年発表された新型通勤車両の40000系と共に、西武の次の100年に向けたフラッグシップトレインとなる予定です。



なお、新型特急車両の導入は現行の10000系 “ニューレッドアロー” の登場以来約25年ぶりとなります(特急車両の製造自体は2003年以来15年ぶり)。



『いままでに見たことのない特急車両』


ということで、車両デザインは風景に溶け込むようなやわらかいデザインを目指すとのこと。


f:id:ktr-8315f:20160314225214j:plain
デザインコンセプトの策定、外観、内装デザインは建築家の妹島和世氏が担当。


金沢21世紀美術館のデザインを手掛けるなど、建築界のノーベル賞と言われる『ブリツカー賞』を受賞。世界で活躍される有名建築家であり、今回初めて鉄道車両のデザインを手掛けました。



◯デザインコンセプト

(1)都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急
従来のようなデザイン(シャープさや格好良さ)より、やさしさややわらかさを表現。風景と共にあるような特急を目指す。

(2)みんながくつろげるリビングのような特急
いろいろな人が一緒にいながら思い思いに自由な時間を過ごせる空間を表現。新しいパブリックスペースの提供を目指す。

(3)新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急
特急で過ごすことが目的となるような空間・雰囲気・たたずまいのデザインを目指す。


この3つのコンセプトを挙げ、通勤・通学や観光利用などさまざまな場面で満足出来る特急車両の実現を目指し、乗車することはもちろん、風景に溶け込んでゆく車両の姿を見るだけでも楽しくなるような新型特急車両を目指します。




製造は日立製作所が担当。
日立A-trainベースの車体となります。


画像は現在検討中のイメージイラストであり、実際のものとは大きく異なる可能性があります。


実車の完成が楽しみですね。