読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新車・廃車情報@関西発鉄道の部屋

鉄道サイト『関西発鉄道の部屋』 http://ktr.euphonydigital.com/ を管理している一人、すぃーが更新するブログです。当ブログでは新車・廃車情報をお伝えすることを基本に、高架工事や駅改良工事等、鉄道施設に関する近況レポート等もお伝え出来ればと思っています。

さらば、北急8001F

f:id:ktr-8315f:20160308021505j:plain

北急8000形8001F。
当時バブル景気が始まったばかりの1986年に華々しく営業運転を開始し、今日まで約30年間に渡り、御堂筋線の激しい混雑を支えてきました。


そんな8000形のトップナンバーにあたる8001Fが、本日を以て引退を迎えることとなりました。



昨日、8001Fを撮影したのでその画像を載せていこうと思います。





f:id:ktr-8315f:20160308023017j:plain
アルナ工機の銘板。
親会社の阪急8000系より1つ先輩です。




f:id:ktr-8315f:20160308023304j:plain
車椅子スペースのマークと、後に追加されたベビーカーのマーク。この組み合わせも8001Fでは短期間で終焉を迎えることとなりました。




f:id:ktr-8315f:20160308023440j:plain
f:id:ktr-8315f:20160308023459j:plain
f:id:ktr-8315f:20160308023511j:plain
吊革の留め具も特別仕様となっており、この8001Fに対する深い思い入れが伺えます。





f:id:ktr-8315f:20160308023707j:plain
金色のナンバー。
阪急の8000系は私にとってはまだまだ新型の部類に入るのですが…




f:id:ktr-8315f:20160308023912j:plain
1987年ローレル賞のプレート。
幼少期の頃、この車両に乗車して初めてブルーリボン賞ローレル賞の存在を知ったものです。


ブルーリボン賞を受賞した阪急6300系よりも先に。笑


実は思い入れのある車両なのです。




f:id:ktr-8315f:20160308024420j:plain
先頭部。





f:id:ktr-8315f:20160308024508j:plain
内装も撮影。
未更新車がまた1本、姿を消します…




f:id:ktr-8315f:20160308024607j:plain
f:id:ktr-8315f:20160308024622j:plain
なかもず駅にて、
同業者が3人ほどいました。




f:id:ktr-8315f:20160308024706j:plain
動物園前駅にて最後のお別れ。
梅田方面へと消えていく8001Fの後ろ姿を1秒たりとも見逃さず眺めたあと、帰宅しました。



30年間、本当にお疲れ様でした。

広告を非表示にする